テストの改善を言える

テスト仕様ある場合「なぜそれを確認できなかったか?」には明確に回答できる。つまり、テストできなかった理由を言うことができる。そして、それを改善できる。

なぜなら、テスト仕様の作成方法、もしくはテスト仕様のインプット文書に誤りがあるはずだからである。

これがテスト仕様が無い場合にはどうか?闇雲の工程から改善すべき部分を探す…..運良く何が悪のかに気がつく場合もあるかも。大抵はもっともな理由を探す事になるだろう。

Leave a Comment.