「another mind」


Another Mind

音楽とは耳から取り入れるもではあるけれども、その音が良いものかどうかは聞いただけですぐわかるものではないと思っていた。音楽を奏でる人の「顔」をみるのが一番だとおもっていた。そうすれば音になにが込められているのかがつかめると。それが自分の嗜好にあっているかはそこで判断できる。だからクラッシックはとても良いジャンルだとは思うけれども、なかなか遠いところの世界に感じて伝わらない。時代がずれている、そうなのだと。そして、どうも私の直観はビジュアルな面が必要なのだと。(*)

でも、この1枚は違った。。

アナザー・マインド

なにかがわかるまでに歳を取っているわけではないけれども、このアルバムには確かに若さを感じることができる。技術は抜群であることはまちがいない。ピアノをこれほど軟らかく聞かせる人はそんなにいないだろう。だが、彼女はまだ成長している。

アルバムの一節..

My inspiration and goals
My music really is about the chemistry of peple’s energy everybody: .. I love everything that has has deep energy. I think the most profoundly beautiful thing in this world is the exchange of energy between things and people. ..

Copyright 2003 Telarc International Corporation

(*)ようは映画やCMに使用された音楽がすきなのです。軟弱?


コメントを残す

Top