作りこみすぎ

コードを必要以上に柔軟にしたり精錬させることは、作り込みすぎ(over-engineerring)である。プログラマがこれを行ってしまう理由の1つは、システムが将来どういう要求を受けるかわかっていると思い込んでいるためである。…これはもっともに思える。ただし、それは予知能力者にとってだけだ。

[Joshua Kerievsky – Refactoring to Patterns]

肝に命じよう。


Leave a Comment.