SIMロック解除後の携帯端末事業環境

2014年6月28日毎日新聞はSIMロック:解除を義務化へ 15年度にも実施 総務省という記事を公開した。記事で「2015年度」にも解除を「義務化」となっているが、6月30日総務省のICTサービス安心・安全研究会は、消費者保護ルールの見直し・充実に関するWGにおいて、中間取りまとめ(案)を公表し、この中でSIMロック解除のルール化において「総務省において対象端末及び解除方法並びに実行の確保を含む具体的な運用方針やスケジュール等を明らかにすることが適当である。」としている。

2015年度かどうかは定かではないが、「実行の確保」という言葉から義務化ととれる。

SIMロック解除できることが一般的になると、通信/サービスと端末の結びつきを強制することができなくなる。これについて事業者からの指摘を中間取りまとめ(案)のなかで述べているが、総じて消費者の自由を尊重する内容で「実行の確保」としている。

では、これが実現した状況を考えてみる。

まずは端末である。端末と通信/サービスを結びつけることができなくなった以上、価格競争にさらされ、そしてコモディティ化が促進されると考えられる。現在でもスマートフォンの性能を比較してみると判るがその兆候が見られる。そうなると、市場規模は拡大しても消費者が投下するコストの伸びは減っていくだろうから儲からないビジネスとなり、端末作る企業は限定されてしまうだろう。いくつかの企業で寡占化状態となり、新たに大きな付加価値をハードで実現する方法を見つけなければ新規参入のうまみはない。あるいはソフトウェアが買い替えを促進するモデルが再来する。

消費者は現在一般的に行われている販売奨励金による端末価格の割引を受けることができなくなる可能性があり、そうなれば一時的に出費が嵩むことになる。しかし、端末を今よりも長く使おうという心理がでてくるはずで、通信/サービスに支払う金額と合わせると長期的に見てコストが下がる。ただし、PCのようにOSや基幹となるソフトウェアの更新や、もしくは更新停止により端末を使いつづけることができなくなる可能性がある。

次は通信/サービスである

自由に通信/サービスを選ぶことができるようになったら消費者としてどのような選択をするか。大きくは以下のような理由だろう

  • 安い
  • 通信品質が良い(つながりやすい/速い)
  • サービスが良い(使いたいサービスがある/アフターがよい)
  • 通信事業者が販売奨励金モデルも維持しつつ、ユーザが持ち込んだ端末へも通信/サービスを提供するならば、こちらも価格競争について行けなくなる可能性がある。販売奨励金は全体として販価を押し上げるからだ。

    通信インフラを持つ事業者の救いは通信とサービスを分離することである。

    通信は品質確保と徹底したコストダウンでMVNOに振り向いてもらえるようにする。ここは一定の利益を確保できる部分である。

    サービスは差別化がまだ可能な分野である。MVNOにない規模を生かしたもの売りにする。auウォレットなど最たるものだろう。これに加え乗り物、公共施設、公的機関との連携などが考えられる。音楽や映像コンテンツといった規模が生きる分野は押さえて置くべきだろう。また、端末のアフターについて代理店のような役割を行い、アフター料を得ることができるかもしれない。消費者は安心感にコストを払う。

    MVNOも通信性能だけで競争するのは危険である。通信性能は大差がつかなくなる可能性が高い。競争するべき土俵は今後サービスになるであろう。

    さて、ここまで書いた内容をみると、携帯端末事業環境はそうとうに楽観できない状況だ。今後利益を生み出すにはいろいろな工夫が必要となるだろう。それに早く気がついて大きく舵を切れるかどうかにかかってくるのではないだろうか。

    Glass ledge high above Chicago from

    ロイターより。Glass ledge high above Chicago

    高層ビルからせり出したガラスの箱。中に居るときはどんな気分だろう。シカゴの街を上を空中散歩している様に感じるのだろうか。観光名所としてはうまいアイデアだな。

    真下を見るといえば、沖縄の海の底を遊覧船から見たことがある。ガラス張りの船底から見る海の中の景色は「美ら海」というだけあって透明度が高く、深いところまで鮮明に見えた。残念ながら遊覧船のコースではサンゴが死滅したとのことで、色鮮やかな魚はちらほら居たものの、サンゴの絨毯は薄い灰色一色であった。

    生活の価値を上げるブランディング

    WBSで海外製品の日本市場参入状況がレポートされていた。

    デザインの良い電気ケトルで伸びているT-Falや、20代をターゲットに絞って広告展開する栄養ドリンクのRed bullがレポートされ、日本の消費者のライフスタイルを掴んだブランディングが良いということだった。このようなブランディングは海外企業に一日の長があるとしていた。

    確かに、日本企業は製品の価値を追求し、多少お値段が張ろうとも、技術を誇示し、それを製作した企業イメージを高めるブランディングはうまいと思う。

    小さくて、よくできている物を追求する物作り。世界に追いつくための高度成長と消費拡大。これらを突き詰めていけば、消費者が置いてけぼりというのはよく分かる。しかし、最近ようやく転換しはじめた業界がある。それは、ケイタイ。

    auのIIDAは「LIFE > PHONE」というまさに消費者に目を向けたブランディングを試行しているし、ドコモも機種の分類をライフスタイル視点で別けるようになってきた。softbankは今ひとつの感じではあるが、ここはまだシェアの確保に努めている段階だ。キャリアとしての収入と機器本体の収入を別けなければならなくなってきたという背景があるものの、必要な機能に絞った携帯、使いやすい携帯がもっと出てくるのではないかなと期待している。

    もう一つ、消費者目線になった製品がある。

    それは、掃除機のダイソン。社長自ら意固地に技術力を売りにして、改良すべきところは無いというような代物だった。けれども、大きさが日本のライフスタイルに受け入れられないという事実に直面したのかもしれない。あっさり、小型化してしまった。小型化されたということで注目している人も多いのではないだろうか。日本人は大きすぎるのは好まない。

    所得低下が著しい現在では、これからは、消費者のライフスタイルを想定した商品、すなわち、消費者の生活価値をあげるような物を作ること、そして、そのブランディングが必要ということになるのだろう。企業イメージは後から付いてくると思う。これからは技術力はあまり日の目を見ないかもしれない…..

    ウィンドウズ7はIEなし!?

    米マイクロソフト、欧州版ウィンドウズ7はブラウザーなしで販売へ

    適正競争のために、欧州で是正を求められていたブラウザの抱き合わせ販売。Windows7ではインストールしない状態で出荷されるとのこと。Microsoftにとっては画期的というかしぶしぶな決断なのだろうか。

    私はWindowsというか、IEは仕事で特定作業にしか使わない状態。なので、欧州以外でIEバンドルしなくなっても、一向に構わない。必要なPCにだけインストールするで良いし。むしろ、他ブラウザのアドバンテージが大きくてIEは使い辛く感じて居るので、極力HDDから削除したい。

    さて、そろそろ日本のIE専用のサイトの皆様は(特に動画)、IE以外のサポートも検討したほうが良いでしょう。そのうち大きな波が来るかもしれません。

    いつも読んでるBLOGの中で、「Mac OS X上で動作するウェブブラウザのまとめ」というがあった。よくまとめられていて興味深い。iPhoneでも動くのかな。

    携帯とモバイルインターネットデバイス

    docomoとソフトバンクが一斉に新商品を発表していたけれど…その裏で寂しいニュース

    東芝が携帯電話の国内生産を停止、海外企業に製造委託

    携帯電話ってネットブックより高くなってきてるんじゃないかな。そもそも独自機能に走りすぎている様におもうのだが…それに、痒いところに手が届かない。なにせメールを自前でフィルタリングできないし。

    いまのところそれが一番の苦痛かな。(^^;;

    これからはネットブックよりもう少しコンシューマーに優しいモバイルインターネットデバイスってカテゴリが伸びてくるんじゃないと。moblin2.0みるとすごく使いやすそう。

    ターミナルがあれば完璧っすね(^^;;

    oFono Launch

    Nokia and Intel collaborating on new Linux-based phone OS called oFono

    Engadgetによると、新たにLinux Baseの電話向けOS開発プロジェクトが出てきました。名前はoFono。

    we’re not sure the world needs another open-source phone operating system..

    なんて書かれてますけど..確かにAndoroidがありますもん。

    oFono: Nokia & Intel start a new Linux project against Android?

    Engadgetの元記事でも”I am not realy sure…”って始まるのが記事を面白くしてる。まっ、でも、Nokia, Intelが参加というのはなんとなく頷ける。

    それで、肝心のプロジェクトサイトは

    ofono.orgになる。

    GitによるSCMも始まっていて、initialから追うことができる。

    /pub/scm / network/ofono/ofono.git / shortlog

    1年前くらいからチョコチョコ始まっていたようで。ソースコードがWEBでレビューできるって便利で良いよね。

    でもって、ofonoプロジェクトはGUI部分の開発者を募集している。

    Someone’s making a new Linux handset

    ダラスかサンジョセと書いてるけど、勤務せよってことなのかな..開発するのに場所はあまり関係ないように思うが..

    さてさて、対抗馬(?)のAndroidの方は携帯を飛び出して組込システムに進出している。ESEC2009にも多数出展されている。一覧できるBLOG記事を見つけたのでリンクしておく。BLOG記事主に感謝。

    [Android] 「第12回 組込みシステム開発技術展(ESEC2009)」におけるAndroid関連の出展社・出展製品一覧