重要なのは「分かっている」ということ

もうずいぶん前から、10年近くはなるんじゃないだろうか。いまに至るまでもずうっと考えていて、文章にはしていなかったこと。「関数プログラミング実践入門」という本にそのまま書いてあった。

…ここでの「分かっている」は「言語機能として処理系の基準で判断できる」ということ…

開発プロセスのノウハウや明らかになった理論をソースコードとの関連を持ったまま作業できる環境とすること。これにより次のことを可能にできる。

…プログラマ自身が人間として限界のある記憶力でいつまで覚えているか、また、手を入れる他のプログラマも同様に分かっているか、は一切保証していません。…プログラマが言語の制約を破ることがそもそもできなければ、誰が処理に手を加えても性質は保証されるのです。

事業継続のために情報が落ちずに引き継がれ、品質が確保しながら作業性を向上する。

…多くの場合、プログラムはメンテナンスなりアップデートしてユーザーに提供しなけれなりません。仕様として正しい動作を定め直し、現実的なコストと時間内で、できればプログラマに過度の負担がかからない範囲で、プログラムに手を入れ続ける…

プロダクトを提供し続けながら、実務者の負担を押さえていくことが可能ということだ。

そう、これがずっと欲しいと思っていたことだ。

問題は明瞭で、ソフトウェアのライフサイクルはある技術者が担当する期間よりも遥かに長く、派生するソフトウェアまで含めてしまえば現役期間よりも長くなる場合が想定されるということ。そのため情報の漏れない伝承と教育が必要。この作業は個人には後ろ向きに捉えられやすく、後回しになりやすいということ。結果、ソフトウェアの品質は徐々に下がっていくということ。

課題は単純で、ソフトウェアが満たすべき性質(仕様)をソフトウェアの本体であるソースコードと一体で扱える環境がないこと。仕様の検証やテストが人力であり、振り返り、現状調査、情報の整合確認が必要となり、綿密な作業計画までも必要とされる場合さえあること。

これをいち早く解決できた事業はソフトウェア開発において大きなアドバンテーを得ることができるはずである。しかし、この分野はあまり注目をされない。バラダイムシフト以上のインパクトがあるし、技術者判断で適用困難な状況があるかもしれない。開発プロセスと密接に関連することであり、現状維持に傾きやすいのかもしれない。

この本が述べている関数プログラミングもパラダイムシフトである。現場への負担は小さくない。けれども課題の解消を実現できることを説明している。関数プログラミングを採用できなくても、なにがウィークポイントなのか、どのようにプロダクト開発へ適用できるのかのヒントにもなるだろう。考えるだけの価値は十分あると思う。

参照:

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年度の目標はほぼ達成でき無い状況にして新しい年を迎えるのが悔しいところだ。心気を一転してリカバリーに勤めたい。来年度も引き続き、目標を念頭に地道に進んでゆくことが最善と信じよう。

今年は子供たちの転機でもある。特に小学に入る娘にとって、環境の変化が彼女を強く賢くしてくれることを望む。また、小学の半分が終わる息子においては、残りを中学に向けてしっかりと学力、体力を養って欲しい。

一昨年にとても小さく生まれたもう一人の息子は、昨年に一歳となることができた。最近では伝い歩きもできるほどとなり、声も良く出るし、笑顔もとてもいい。成長に少々遅れがあるような事は感じられない。彼の持ち前のたくましさもあるが、妻の努力があってこそだと最近はことあるごとに感謝している。体は小さいけれども、今年の冬も乗り越えてすくすく育ってほしい。

船の模型の作り方

サントリーのTORYSウィスキーの宣伝にアンクルストリスが出ていた。

平面調でちょっとピカソぽい顔が特徴の「あっ、見たことある」っていうキャラクタだ。

柳原良平氏が描くノスタルジックを感じさせる小気味よい独特の画風。一度見たらその印象は忘れられない。

さて、柳原良平氏は船が好きである。彼のイラストにも船がたくさんでてくるし、船舶模型をたくさん製作され、「船の模型の作り方」という本を出版されているほど。

この本は1973年に出ているがその12年後、私が小学6年の1学期に出会った。

彼のイラストと同じデフォルメをしたタグボートや貨物船、フェリーのペーパクラフトが簡単な型紙と作成途中の写真、完成写真とともに載っている。

船の模型が好きでプラモデルを親にせびっていた私は、学校の図書館で見つけたこの本を借りて、さっそくタグボートを作り始める。

最初は当然うまくいかないし、柳原良平氏のデフォルメを再現することはできなかったが、何艘か作るうちにコツを掴んだ。

そして夏休みにこの本の最大の山である「秩父丸」の製作したのである。

全長1m20cmくらいのぺーパークラフト、画用紙もA1くらいのものを使った記憶がある。本から画用紙へ型紙の写しが難しく、詳細な部分は自分の想像で線引きをした。夏休みの工作のつもりだったけれど、あまりの難しさに半泣きしながら作ったのを覚えている。

完成後、ケースが要るといって細い材木で箱を作り、ウォータラインの模型が海に浮いている様に見せるために青い発砲板をケースの底に張り付け、そして、四方と天井は厚手の透明なビニールを張った。

この工作には自分なりに決意があった。必ず完成させること。誰からも手伝いを受けないこと。特に親。つまり、子供なりに自立の第一歩を託していたのである。

まぁ、その背景には親に頼りっぱなしの自分のふがいなさを感じていたというところなのだが。(笑

かくして「秩父丸」は完成し、学校からの展示物としての提供依頼を快諾し、私が卒業するまでは学校の工作室に展示してあるところまでは確認した。

どんな模型だったか。今はもう学校にもないだろうが、ググってみると柳原良平氏の作品があったこちらのページに私が作成したものよりもずーっと詳細で美しい秩父丸がある。しかし、記憶では私が作った模型も「秩父丸」の豪華さの雰囲気は出せていた気がする

限界利益

限界利益を習ってからかれこれ20年。期初にあたり振り返っておさらい。

限界利益とは単位あたりで得られる利益。単位あたりの売上から変動費を差し引いた額である。売上数量に比例して増加する。企業経営状態を会計の側面から客観的に判断する指標として重宝される。(管理会計)

企業の存続には固定費が不可欠である。実際、企業活動の会計集約はほぼ固定費に集まる。この固定費用を賄うために限界利益がある。

そういう仕組みだから、利益追求の理想は、企業存続に必要な費用(固定費)をいかに効率よく回収(限界利益×売上数量)するかというところに尽きる。これが損益分岐点として示される。

理論では簡単に説明できる。固定費が下がる活動に注力する。限界利益率を高める活動に注力する。その両方を実施することである。

具体的にどの様な施策があるのか?材料コストが低く、価値の高い製品、事業を売上につなげる。限界利益率の下がりにくい市場に参入する。人件費を最適化する。設備投資を最適化する。材料費、加工費を最適化する。研究開発費を最適化する。変動費となりうる作業を固定費で行わない。たぶんもっと他にもあると思う。それらを考える体制、風土を作る事も施策だ。

よく聞く改善施策で「自動化」というのがある。実はこれが限界利益率をあげる事もなく、固定費が下がることもあまり期待できない。人件費の削減にはつながる可能性があるが、短期的には設備投資額が増加する。また、メンテナンス費用を考慮すると、逆転して固定費の増加につながることあるだろう。自動化のメリットはリードタイムの短縮による在庫の削減、ジャスト・イン・タイムの実現だろう。

改めて限界利益について考えてみると、様々な企業活動が集約されていることを再認識。しかし、限界利益とは結果であり、企業状態を示せても、その企業そのものを現すわけではない。限界利益を生み出すのは、人のアイデアやアクションである。やはり、企業を形作っているのは人であると言えるだろう。

企業効率化を目指すのであれば、やはり人を育てるということを視野に入れた経営が不可欠だろう。

ドバイから「The Christmas Song-keiko feat. Chino yoshio」

ドバイから素敵なビデオクリップを。

ドバイに在住のBOSSA BOSSAkeikoさんが日本の友人へ向けてクリスマスカード代わりに作成されたもの。

ドバイのクリスマス飾りも見ものだけれど、シックなボーカルとアレンジの効いたピアノでホッと一息つける暖かい気持ちになれる出来だ。

ピアノアレンジはChino Yohio氏とのこと。

そういえば、年末年始は個人的に色々あってご挨拶もしていなかった。

昨年は、11月から職場の場所が変わって毎日2時間かけて通勤する様になった。家族の入院も重なり、また、私も人間ドックで精密検査受けよと言われ、不安いっぱいの慌しいものだった。今年は不安の種を抱え込んでのスタートとなったわけだが、前向きに、地道に行こうと思う。

今年はの目標は、英語の点数上げる。あと、もう一つの計画を進める。

読んでくださっているみなさん、今年も良い年となりますよう。また、The T Worldを懲りずによろしくお願いします。


「満地球の出」を見て

地球という星の存在というのは、まさに奇跡だ。宇宙は広大で未知だといえど、この美しさは類まれなものだというのは間違いないだろう。この美しさの中に多くの生命があるのだ。

人類が生み出す多くの消費、多くの無駄は、今やこの美しさを汚し、破壊するものとなっている。この映像を配信しているインターネットでさえそうだ。人類の持続と成長のための消費と破壊、同時に保全と修復も必要となる。目の前に大きなジレンマを抱えている。

進歩とはよくできているのかもしれない。破壊をしながら、この映像をみせることができるのだ。

この美しさがどうなるのか、ここからは進歩を使うものに託される。

ライフスタイルとケイタイ考えた

携帯電話のWEB接続サービスを止めた。当然携帯メールもできなくなって、まぁ不便にはなる。特に友人からの飲み会の誘いは携帯メールで来ることが多かったから。(笑

家計が苦しくなったことをきっかけにライフスタイルに沿った設備投資というのを考えてみた結果、もっとも無駄なコストが携帯電話であった。

まず、通勤時は行きも帰りも基本的に外界をシャットアウトしてお勉強の時間である。この時に電話があれば受けるが、携帯メールはまず見ない。WEBも然り。

勤務時間は携帯メールは当然できない。昨今は残業カットで定時間内が貴重であるので、仕事に集中。「誤って携帯メール見てしまいました。」などいう余裕すらない。したがって、原則どおり携帯は休み時間にしか操作しないが….携帯操作するより…..:-)。着信は履歴見て折り返す。

で、帰宅後は基本的に携帯電話の出番は無い。大方の友人はゆっくり風呂に入って飯を食って子供と戯れているか、私と同じ様にPCの前にいる。出番があるのは緊急の用事くらいだが、それなら、メールせずに通話する。

平日はざっとこんなだ

休日は逆にメールしたりWEBサーフィンしたくなるシチュエーションが多くなる。大抵は買い物時の車内待ちか、公園での子守時間だ。ここは今のところいかんともしがたい。読みの残したトムdeまる子をこなすことにする。(T-T

こうみると、携帯電話は極端に使用頻度が低い。特にWEB接続サービスはほとんど使用することが無い。(mixiの投稿くらいだ)。よって、たかだか月1.3Kではあるが、エンゲル係数に加算すべくカットした。

本音はiPhoneかnetbookでネット社会を謳歌したいところだが、いかんせん毎月大赤字なので我慢。我慢。

まっ、そのうち3Gのネット接続もお安くなってくるさー。と楽観している。(笑

そういえば、9月くらいから基本料金がもっとお安くなるらしい。うれしい限り。

生活の価値を上げるブランディング

WBSで海外製品の日本市場参入状況がレポートされていた。

デザインの良い電気ケトルで伸びているT-Falや、20代をターゲットに絞って広告展開する栄養ドリンクのRed bullがレポートされ、日本の消費者のライフスタイルを掴んだブランディングが良いということだった。このようなブランディングは海外企業に一日の長があるとしていた。

確かに、日本企業は製品の価値を追求し、多少お値段が張ろうとも、技術を誇示し、それを製作した企業イメージを高めるブランディングはうまいと思う。

小さくて、よくできている物を追求する物作り。世界に追いつくための高度成長と消費拡大。これらを突き詰めていけば、消費者が置いてけぼりというのはよく分かる。しかし、最近ようやく転換しはじめた業界がある。それは、ケイタイ。

auのIIDAは「LIFE > PHONE」というまさに消費者に目を向けたブランディングを試行しているし、ドコモも機種の分類をライフスタイル視点で別けるようになってきた。softbankは今ひとつの感じではあるが、ここはまだシェアの確保に努めている段階だ。キャリアとしての収入と機器本体の収入を別けなければならなくなってきたという背景があるものの、必要な機能に絞った携帯、使いやすい携帯がもっと出てくるのではないかなと期待している。

もう一つ、消費者目線になった製品がある。

それは、掃除機のダイソン。社長自ら意固地に技術力を売りにして、改良すべきところは無いというような代物だった。けれども、大きさが日本のライフスタイルに受け入れられないという事実に直面したのかもしれない。あっさり、小型化してしまった。小型化されたということで注目している人も多いのではないだろうか。日本人は大きすぎるのは好まない。

所得低下が著しい現在では、これからは、消費者のライフスタイルを想定した商品、すなわち、消費者の生活価値をあげるような物を作ること、そして、そのブランディングが必要ということになるのだろう。企業イメージは後から付いてくると思う。これからは技術力はあまり日の目を見ないかもしれない…..

ウィンドウズ7はIEなし!?

米マイクロソフト、欧州版ウィンドウズ7はブラウザーなしで販売へ

適正競争のために、欧州で是正を求められていたブラウザの抱き合わせ販売。Windows7ではインストールしない状態で出荷されるとのこと。Microsoftにとっては画期的というかしぶしぶな決断なのだろうか。

私はWindowsというか、IEは仕事で特定作業にしか使わない状態。なので、欧州以外でIEバンドルしなくなっても、一向に構わない。必要なPCにだけインストールするで良いし。むしろ、他ブラウザのアドバンテージが大きくてIEは使い辛く感じて居るので、極力HDDから削除したい。

さて、そろそろ日本のIE専用のサイトの皆様は(特に動画)、IE以外のサポートも検討したほうが良いでしょう。そのうち大きな波が来るかもしれません。

いつも読んでるBLOGの中で、「Mac OS X上で動作するウェブブラウザのまとめ」というがあった。よくまとめられていて興味深い。iPhoneでも動くのかな。

携帯とモバイルインターネットデバイス

docomoとソフトバンクが一斉に新商品を発表していたけれど…その裏で寂しいニュース

東芝が携帯電話の国内生産を停止、海外企業に製造委託

携帯電話ってネットブックより高くなってきてるんじゃないかな。そもそも独自機能に走りすぎている様におもうのだが…それに、痒いところに手が届かない。なにせメールを自前でフィルタリングできないし。

いまのところそれが一番の苦痛かな。(^^;;

これからはネットブックよりもう少しコンシューマーに優しいモバイルインターネットデバイスってカテゴリが伸びてくるんじゃないと。moblin2.0みるとすごく使いやすそう。

ターミナルがあれば完璧っすね(^^;;